• インフォメーションさかた 7月 6日(月)放送内容

    1 熱中症に気を付けましょう

     今年は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、感染防止の基本である「身体的距離の確保」、「マスクの着用」、「手洗いや、三つの密(密閉、密集、密接)を避ける」などの「新しい生活様式」を実践する中での熱中症予防対策が求められています。今年は、次のポイントに気をつけながら感染症・熱中症の予防に取り組みましょう。

    【暑さを避ける】エアコンを利用するなど、部屋の温度を調整しましょう。感染症予防のため、換気扇をまわしたり、窓を開けたりして換気を確保しながら、エアコンの温度設定をこまめに調整しましょう。暑い日や暑い時間帯は無理をしないようにしましょう。涼しい服装にしましょう。急に暑くなった日などは特に注意しましょう

    【適宜マスクをはずす】気温・湿度の高い中でのマスク着用は要注意です。屋外で人と十分な距離を確保できるときは、マスクをはずしましょう。マスクを着用している時は、負荷のかかる作業や運動を避け、周囲の人との距離を十分にとった上で、適宜マスクをはずして休憩をしましょう

    【こまめな水分補給】のどが渇く前に水分補給をしましょう。1日あたり1.2リットルが水分摂取の目安です。大量に汗をかいた時は塩分も忘れずに摂取しましょう。

    【日頃から健康管理】日頃から体温測定、健康チェックをしましょう。体調が悪いと感じた時は、無理せず自宅で療養しましょう。

    【暑さに備えた体づくりをしましょう】暑くなり始めの時期から適度に運動をして体力づくりをしましょう。水分補給を忘れずに、運動は無理のない範囲でおこないましょう。やや暑い環境で「ややきつい」と感じる強度で毎日30分程度が目安です。

    高齢者、子ども、障がい者の方々は、熱中症になりやすいので十分に注意しましょう。「三つの密」を避けつつ、周囲の方々からも積極的な声かけをお願いします。

     

    2 7月は「社会を明るくする運動」の強調月間です。

     7月は犯罪や非行の防止と、罪を犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場で力を合わせ、犯罪のない地域社会を築こうとする運動の強調月間です。

    更生への道のりには、地域の皆さんのあたたかい心が必要です。立ち直りを見守り支えることが、安心・安全な地域社会作りにつながります。

    毎日のあいさつや声掛け、偏見を持たず相手の気持ちを考えることなど、できることから始めてみませんか。お住まいの地域での運動内容など詳しくは、市福祉課地域福祉係(℡26-5731)へ問い合わせてください。

     

    3 夏の省エネ県民運動ライトダウンウイーク

     地球温暖化防止や節電意識の向上のため、事業所での一斉消灯を呼び掛けています。支障のない限り、早めの消灯にご協力をお願いします。

    期間/7月6日㈪~12日㈰

    問市環境衛生課環境保全係31-0933

     


ハーバーラジオは災害等発生時、通常の番組を中断・中止して防災関連情報を放送します。
  • 酒田エフエム放送株式会社
  • 〒998-0044 山形県酒田市中町2-5-19 酒田駐車ビル1F
    TEL. 0234-21-3788 FAX 0234-21-3787
  • Copyright Sakata FM Broadcast Co.,Ltd. All Rights Reserved.